スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱数やり方まとめ(注意点等)

長らくやってないとやり方忘れるのでメモ

●4世代
全体の注意・・・徘徊ポケモンが初期SEED徘徊位置と被ってないか注意
消費・・・ペラップ*1、冒険ノート*2、草むらで方向転換or1歩*1(ポケトレ)、ウツギ電話*1、眠りポケモン*4、毒ポケモン*1

色孵化乱数 使用ツール・・・PHS
1.赤パネルで個体値からSEED検索
「 」~「 」だけ前のseedを出力には「4」~「4」
※徘徊ポケモンが3匹いるため「4」~「4」ですが
    2匹なら「3」~「3」、1匹なら「2」~「2」、0匹なら「1」~「1」
    これは徘徊ポケモン1匹につき「+1」と、おじいさんからタマゴを受け取るときに「+1」されるため
「 」~「 」Fで出てくるポケモンを表示 には「600」~「900」を入力
2.紫パネルほしい色・性格・性別・特性のタマゴができる初期seedを検索
※消費は短パン小僧の「ゴロウ」か「ショウヘイ」に電話することで電話1回につき2消費
※ただし再戦の電話になってしまう場合は消費しないので注意
フレームは「600」~「900」F程度
消費乱数制限は偶数を選択してください
※短パン小僧等で乱数の消費が偶数になるため
3.爺前固定
 2で選んだ初期SEEDで起動乱数
4.個体値乱数
 1で選んだ初期SEEDで起動乱数

・固定シンボル乱数 使用ツール・・・PHS
注意・・・ワタル前の消費は徘徊数+1
     捕獲用のボール
     シンクロ要員

・ID調整 使用ツール・・・PHS,ddddloop
ID関連・・・072入力

・サファリ乱数 使用ツール・・・乱数調整汎用ツール
1.目的のポケモンが出現するようにブロックを配置、かつ日数の経過を待つ
汎用ツールの消費数はエンカウント時のあまいかおりの消費数分を含めていないので注意

・ポケトレ乱数 使用ツール・・・ポケトレ色乱数逆算ツール、ポケトレ色乱数用ツール
頑張る→参考

●5世代
全体の注意・・・起動時間-1秒
消費・・・ペラップ*1

・BW色孵化乱数 使用ツール・・・SSS4、bwseedlist
個体値乱数列7

・BW固定乱数 使用ツール・・・SSS4、bwseedlist
個体値乱数列0
性格値消費+1(針より1後ろの性格が出る)

・BW野生乱数
個体値乱数列0
※性格値の左から4桁目が偶数→特性1、奇数→特性2
レポ針は目標-現在地-1=ペラップでの消費数

・BW波乗り釣り乱数
個体値乱数列0
ここ見ればいい

・BW徘徊乱数
個体値乱数列0
個体を検索するときに2月・6月・10月で検索する
深夜以外の初期SEEDを使う
小屋に入る前に季節を合わせておく
準備してから小屋に入る

・BW2固定シンボル
個体値乱数列2

・AR乱数
通常ポケモン・禁止伝説・・・個体値乱数列9(2匹目は22以下+13ずつ)、性格値消費+4
霊獣系・・・個体値乱数列22、性格値消費+9

・BW2ハイリンク乱数
個体値乱数列26
スポンサーサイト

色違い生成理論

ブログの上に出る広告解除のため書く
適当なので間違ってるとこもあるかもしれません

ポケモンで色違いが出る確率1/8192はあまりにも有名だがなぜそうなるのかの理論

まず色違いの生成には基本的にトレーナーID(以下TID)、裏ID(SID)、性格値の3つが使用される
ID調整の際使うsidseedは性格値TIDから色になるSIDを計算してくれている

ここでそれらがどのように使われるかだが実際に自分の使っているSEEDで示す

TID:00000(00000)
SID:03070(BFE)
色になる性格値:7DD7762D
性格値は8桁なので半分に分け上をHID下をLIDと呼ぶことにする
()内は16進数表示

まずこれらを16ビットの数値に変換すると以下のようになる

TID:0000000000000000
SID:0000101111111110
HID:0111110111010111
LID:0111011000101101

この2進数表示されたものの上位13ビットまでが色決定に利用されるので切ってみる

TID:0000000000000 000
SID:0000101111111 110
HID:0111110111010 111
LID:0111011000101 101


これを縦に見て4つのIDの同じ桁の数を足します(一番上の桁なら4つとも0なので0)

縦列の和:0222222222222

気付いたと思うがこの縦に足したとき上位13ビットに1,3の数が無い(0,2,4のいずれかになる)
この時ポケモンが色違いになる

試しに確率計算してみると

1つのビットで0,1の2通りが縦に4つあるから全部で24=16通り
この中で足したとき

(ⅰ)0になるのは
全て0の時で1通り

(ⅱ)2になるのは
0が2つと1が2つなので
4C2×2C2=6通り

(ⅲ)4になるのは
全て1の時で1通り

(ⅰ)~(ⅲ)より
1+6+1=8通り

1列では足して0,2,4のいずれかになる確率は1/2ということが分かりました

これが13列なので(1/2)13=1/8192

見事に目的の数字が出ました

このように仕組みを詳しく掘り下げていくとよりポケモンが楽しくなりますねともっともらしい文句でしめたいと思います


これで広告も晴れて広告解除

テスト前日に何をやってるんですかねぇ

BW黒服乱数のやり方

僕が乱数のこと書くのもあれですが

今回はBWで13番道路にいる黒服の男から貰えるアイテムを乱数してみようと思います

進化に必要なおうじゃのしるしやメタルコートを集めるのが主な目的になります

こいつ↓
黒

【必要なもの】
DS、BWロム、プラスルツールpokecal

【手順】
今回はこのプラスルツールの連続seed検索のプラグインを利用してSEEDを探していきます
ダウンロードしてファイルを展開するとプラスルツールとプラグインの2つのフォルダがあると思います
最初はプラグインがツールにインストールされていないので各自でプラグインを入れていきます
今回必要になるのは連続SEED検索のプラグインだけですが他のもついでに入れておいていいと思います

プラスル

このプラグインのフォルダを開きます。すると

プラグイン

いろいろプラグインがありますが今回必要なものは矢印で示しました
さらに入れたいプラグインのフォルダを開きます


dll

その中の矢印で示した.dllをコピーします
次にプラスルツールのフォルダを開きます

ツール

この中のpluginsというフォルダの中に先ほどコピーした.dllをペーストします
pluginsフォルダが無い場合は自分で作ってください
これでツールにプラグインがインストール出来ていると思います。

では本題ですが今回は連続SEED検索を使用するのでseedsのタブをクリック
以下のように入力してください

メイン

当然パラメータ設定はしておいてください

parame.jpg

これで検索をかけます
今回の場合は4連続で目的のアイテムが出るSEEDを探していることになります

黒服自身NPCで性格値乱数を消費するので5~7にしています
これで大体連打で目的の消費数になると思います
何回か試してどうしても無理な場合は消費数を変えてみてください

このツールではオフセットが自動で計算されます
なので5~7にしてます

min,maxには自分の欲しいアイテムの番号を入れてください

アイテムテーブル↓
0あおいビードロ
1きいろビードロ
2あかいビードロ
3くろいビードロ
4しろいビードロ
5あさせのしお
6あさせのかいがら
7おおきなしんじゅ
8ハートのウロコ
9しんかいのキバ
10しんかいのウロコ
11しあわせタマゴ
12メタルコート
13りゅうのウロコ
14アップグレード
15ラッキーパンチ
16メタルパウダー
17ふといホネ
18ながねぎ
19プロテクター
20エレキブースター
21れいかいのぬの
22マグマブースター
23するどいキバ
24するどいツメ
25おうじゃのしるし
26あやしいパッチ

画像の場合だとアップグレードが手に入りますね

あとは検索結果のSEED0をpokecalに入れてリストを出してみてください

poke.jpg 

結果 

確かにアップグレードが4連(今回はたまたま5連でしたが)になってることが分かりますね

これで検索結果の時間で起動して連打ぐらいで丁度目標の消費数ぐらいかな~と思います
後は各自で調整お願いします
少しでも役に立てば幸いです
プロフィール

シータ

Author:シータ
生粋のポケキチ
大会運営や構築考察について書いていきます。

Twitter:poke105
Skype:poke1054

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コミュニティ
【ニコニコミュニティ】θのタンジェント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。