スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率の良い努力値配分について

 フラットルールでのダメージ計算式
(22 × 技の威力 × 攻撃側の能力値 ÷ 防御側の能力値 ÷ 50 + 2 )×(0.85~1) 

■大前提
▶性格補正は種族値の高いところにかける
性格補正は1.1倍なので数値が高いところにかけた方が上がる数値が多い
例:種族値180の無振りが200補正ありで220で20上がるが種族値70の無振りが90補正ありで99なので9しか上がらない


▶努力値は種族値の低いところに振る
努力値は一律252で32数値が上がるので低いステータスに振った方が数値の上がる倍率が高い
例:種族値130に252振ると182無振りより1.213倍、種族値50に252振ると102で無振りより1.457倍


▶耐久値はHP=防御+特防が最堅


■例外
耐えたい攻撃や倒したい相手や抜きたい相手がいる場合


■その他
補正ありの箇所は11n
チョッキ、鉢巻、眼鏡などのアイテム持ちの数値は2n
HPは16n-1
オボン持ちは4n
残飯持ちは16n+1
DL対策にB<D
H252よりH244B4D4

■配分例
・アシレーヌ 種族値:80-74-74-126-116-60:530
調整先 メガボーマンダの意地捨て身耐え、カプコケコの10万耐え
①C種族値が高いので性格は控えめ
②調整先が物理特殊両方面でH種族値が高くないのでH252
③後は必要なBとDを確保
④余りを振り分ける
例:H252B140C28D60S4 実数値:187-84-112-165-144-81


・ラティオス 種族値:80-90-80-130-110-110:600
調整先 特になし
①C種族値が一番高いので性格は控えめ
②種族値が低いHに252
③種族値が低いBに252したいがDLを考えて244
④Dに12
例:H252B244D12 実数値:187-*-131-165-132-130

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シータ

Author:シータ
生粋のポケキチ
大会運営や構築考察について書いていきます。

Twitter:poke105
Skype:poke1054

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コミュニティ
【ニコニコミュニティ】θのタンジェント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
71位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。