スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブル】選出についての考察

例の如く思ったことを書くだけなので鵜呑みは厳禁

自分はダブルメインに対戦をしているので今回は基本的にダブルにおける選出を考えたいと思います
が、シングル等他のルールにも共通するところは多いと思います


●構築の理解

これが1番大事というよりこれが出来ればほぼ問題無いと思ってます
相手の構築の理解も勿論ですが自分の構築への理解も非常に大事になります

まず相手の構築への理解についてです
最近ダブルレートでは
バンギラス/化身ランドロス/ギャラドス/モロバレル/サーナイト/ギルガルド
という構築をよく見かけるようになりました
これはべてさんが大正義オフで使用されていたPTですが内容を知っているかどうかは選出に大きく影響します
勿論見せ合いの時点で全く同じ構成だと決めつけるのは早計かもしれませんが
流行が顕著に現れるレーティングバトルにおいて有名構築は知っているに越したことはありません
特に大きなオフがあった後等は似たようなPTが流行しやすいのでブログ等でチェックしておきましょう

次に自分の構築への理解です
構築を組む際1から自分で組む人もいますが大多数の人は他の人のブログ等を参考にすることが多いかと思います
そういった時にそのポケモンの採用理由、役割対象、呼ぶポケモンに関しては必ず知っておく事が大事です
自分でアレンジを加える際にそういう理解は非情に大事になり選出を考える時重要な情報になります
同じ構築で何十戦かしていると良く選出されるポケモンというのが見えてきます
初めはメモを取るなどして自分の構築への理解を深めることが大事かなと思います


●選出の方針

先に相手の構築への理解が大事と述べましたが
そうすることで相手の構築のコンセプトが見えてくると思います
例えばよく見られるゴウカザルサーナイトならコンセプトは猫騙し+高火力全体技と言えるでしょう
相手の構築のコンセプトが見えてくれば技構成や立ち回りの手順等色々な予想が見せ合い段階で可能です
そこで自分の選出の方針を立てましょう
例えばこういう場合を考えてみます
自分:ガルーラ/ゲンガー/霊獣ランドロス/ファイアロー/スイクン/サザンドラ
相手:クレセリア/ヒードラン/クチート/霊獣ランドロス/キノガッサ/サザンドラ

ここで相手のPTはクレセリアでトリックルームをしてくるだろうと予想します
こちらの構築にはトリルを返す手段は無いのでトリルをさせない方針を立てるとします
その場合クレセリアを1発で落とすのは無理なのでガルーラの猫騙し+ゲンガーのシャドボで削り
次も集中してクレセリアをトリルさせる前に倒そうというのが選出段階の方針です
僕はここまで考えて後は重いポケモン等の補完をしていくという感じで選出しています

勿論方針を立ててその通りの動きが出来るとは限らないし状況によって色々リカバリーは必要ですが
選出段階で方針を立てることは技選択に時間制限のあるレート戦ではかなり有効だと思います


●縛り関係の把握と選出予想

色々書きましたがこれが選出の核になる要素です
「縛り」に関してはある程度の人は理解していると思いますが一言で言えば「○○で△△を倒せる」という状況です
対戦中は全員の人が縛り関係を意識しているとは思いますがそれは選出段階でも同じです
縛り性能が高いポケモンの代表としてファイアローがいます(PTにもよるので一概には言えませんが)
ファイアローがいるPTに対して飛行が弱点のポケモンを多く選出することは非常に危険でしょう
それは味方のポケモンがすぐファイアローに縛られるかつ縛りを解除するために受け出しが出来なくなるからです
縛り性能の高さは相手の選出を予想する際に非常に大事な情報です
縛り性能の高いポケモンはまず間違いなく出てきますしそのポケモンを通しやすくするため
裏でケアするポケモンも非常に出てきやすいです
しかし1匹のポケモンが重くてそれを切る選出というのは出来るだけ避けたいところです
選出に余裕がある場合は出来るだけ6体全部に対処出来る手段を用意し
どうしても厳しい場合のみ縛り性能を強く意識して決め打ち選出をするようにしましょう

基本的には縛り性能が高いポケモンとそのケアを中心に選出されるのですが例外もあります
それが所謂コンボパです
有名な例にエルフーンテラキオンがあります
この場合のエルフーンは明確な役割対象があるわけではありませんが
味方のテラキオンの決定力を上げるために必要不可欠な要素になっています
このように味方との連携で強さを発揮するポケモンを入れたPTがダブルでは多く見られます
そういったPTは本来の縛り関係を無視出来る場合があるのでPTへの理解と方針が大事になります


●最後に

色々書きましたがあくまでも個人的な考察です
レーティングでは100%勝たなくても良いと個人的には考えているので
全ての対戦において理論だけでの選出は必要ありません
しかし安定した勝率を保つために選出を考えることは必要不可欠です
勝敗に関わる要素の半分以上は選出にあると言っても過言ではありません(特にシングル)
今回書いたことが少しでも選出の参考になれば幸いです





本当に最後に・・・選出で一番大事な事は"経験"
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

拘り持ちは左に出す
プロフィール

シータ

Author:シータ
生粋のポケキチ
大会運営や構築考察について書いていきます。

Twitter:poke105
Skype:poke1054

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
コミュニティ
【ニコニコミュニティ】θのタンジェント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。